2011年05月08日

いま真剣に考えるべきことB

今日の北海道新聞にこのような内容がありました

福島第1原発事故を通した背景には「学問の限界がある」との指摘を学者たちが言いはじめているようです。

記事抜粋【揺らぐ学問への信頼】

名城大元教授で反原発派の物理学者の槌田敦氏の発言

「過去に日本原子力研究所の人と話しをしていて、あまりにも狭い分野しか知らず他の研究者と全く議論しないことに驚き、こんな人たちに原子力をやらせてはいけないと思った」 

「原子力村は小人数しかいないのに、あまりにも細分化し、原子炉を知っていても事故対策を知らなかったりする。全体を見渡せる人がいないのが原子力村の実態で、それが縦割り行政となって事故を長期化させている、これは学問全体に当てはまること」


上記の内容とも通じるのですが

前日記で王の支配権力からは開放された人間が今も尚、支配され続けているものについての問いかけで終わりましたが


問いの結論から申し上げます


人間が一番支配され続けてきたもの



それは



「自分の判断基準」と「他人の判断基準」です



この二つの決めつけにより自分の心の自由が奪われたり



相手の心の自由を奪ったりしているのです。



人間は

よく人と分かり合えずムカついたり、悲しんだり、

自分に自信がもてず落ち込んだり、諦めたり

相手を馬鹿にしたり、ジェラシーしたり、

日本人の多くは
他人の評価に一喜一憂している時間が一日の多くを占めています

日本は特に他人にどう思われるかを気にする文化風習がある為、
面倒になり、どんどん孤独を選択しやすくなります
(海外へ行くと鬱が直る人がいるのもこの要因から開放されるからのようです)


人は基本的には誰もが自分のことを理解(共感)してほしいし、

認めてほしい、受け入れてほしい、

愛してほしい欲求があります。(トラウマで屈折してなければ)



出来事の結果が自分の期待するものと異なるとき相手を恨んだり、信じられなくなったり、悲しんだりします。

相手の心情に対して細かい確認作業をせず感情的になり、自分の思い込みで決め付けてしまうことは良くあることなのです




人間はこのパターンをどのくらい繰り返してきているのでしょうか







驚くかもしれませんが実は、

人類が誕生してから(500万年間)ずっと変化できていない事なのです。





何故、変化できなかったのか


それは判断基準のルーツを辿れば

政治経済システム、教育システム、社会構造システムの基本となる学問学術の知識が土台となっています


その学術に非常に大きな不完全要素(限界)があるからです。


その学術の限界を越えられなかった事が人間自身のイノベーションを起こせなかった原因だったのです



では学術の限界とは何なのでしょう?


つづく



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

全体がALL‐WINできるグランドビジョンと繋がり  
誰もが「自分の判断基準」&「他人の判断基準」の支配から自由になれる
カウンセリング・コーチング・コミュニケーション・コンサルティング
(4C)こそが本物です♪

【判断基準のメカニズムの理解と体感ができる】

■気軽に学べるコミュニケーション講座  受講料2000円
5/12(木) 19:00〜21:00
5/21(土) 13:30〜15:30

NR JAPAN 札幌 
http://www.nr-japan.co.jp/tabid/101/Default.aspx
011-826‐3407  
posted by kenmiura at 00:51| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本復興 歴史 教育  政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

いま真剣に考えるべきことA

今日の札幌はとても気持ちがよいお天気です
まだ桜の花は見えませんがもうすぐの気配です

最近、ロビン・フッドをDVDで見ました
イングランドの英雄で農民でありながら弓の達人であり、十字軍遠征を経て自由の象徴となった人物です。

中世のヨーロッパを舞台にした多くの映画があります(ブレイブハート、ジャンヌダルク、グラディエーター・・)共通していえることは、他人の誹謗中傷や自らの死を恐れず自分の信じた道を生き切ること
勇気ある決断が伴う悔いの無い生き方であると感じます

もっと遡ればイエスの生き様にも通じるものがあります



残虐な死刑を受けながらも貫いた意志、悔しさ、その振動を今も感じるのです
そして最近思うことは、あのような勇気ある生き方が今の日本人(日本)に必要と感じています



西洋(イギリス、フランス)は、宗教の名の下に既得権をもつ王の支配権力に愛する家族を殺されたり、奪われたり、事実(天動説)を唱えて火あぶりにされたりなど多くの血と涙、悲しみを経験しています。(中世暗黒時代とも言われています)


その西洋の先人達が死を恐れず勇気ある血を流して、支配権力と戦って、夢にまでみてやっと手に入れたのが自由、平等、博愛、(フランスの市民革命)の社会秩序です。


今は当たり前に個人個人が城をもって、自由に行動できる王様のような生活になっています(当たり前すぎて価値が分からない位です)

イギリスの産業革命の産物(車や機械工場)も、その土台となっている科学技術、政治経済システムなどの学問体系を明治維新後、そして敗戦後、偉大な先人達が学び日本流にして受け入れてきた背景があります。

そして西洋のオリジナルを越えた「ものづくり技術」(=おもてなし精神ともつながると思います)により、世界経済大国第2位という偉業に対しアジアの小さな島国がおこした東洋の奇跡という社会学者もいます。

ものづくりでオリジナルを越える結果を生んだ背景には緻密で繊細な商品力でした、これは日本人の勤勉さと相手にどう思われるかが基準となる習慣からくる配慮がある日本文化だったからこそ成せる業だったのではないでしょうか

しかし同時に原爆を二度も落とされて、ショックと悔しさで涙を流しながらも、潔く負けを認めアメリカ・ヨーロッパに学び日本の復興を成し遂げよう!その苦肉の決断があったと思うのです(武士道精神とも繋がると思います)

その結果
自国の思想哲学、文化が置き去りとなり、日本文化に対する誇りや価値感が育ちにくい詰め込み教育意を学びながら経済的成功をしました。


西洋の競争主義を正当化した土台うえでの学問学術を学び高学歴を持ち、官僚・大企業・メディア業界・知識人などのポジションを得ることで一生涯保障された成功や幸せ・安定を得られると思い尽力してきました。

私は1970年生まれですので、その傾向がまだ世の中にあった世代でしたが
もともと大の勉強嫌いでしたので大学に行きたいとも思えず、高校卒業後にすぐ社会に出ました(音楽、スポーツ、麻雀^^;しか興味がもてない学生でした)




日本の先人達の血のにじむ努力はもちろんのことですが


中世ヨーロッパの市民革命家たちの血と汗と涙の恩恵があり、いまの日本が成り立っている観点もあると思うのです




そんな私たちが今も尚、なにかに支配され続けているように感じるのはなぜでしょうか



一体、わたしたちは何に縛られているのでしょうか




お金?



やりがいを感じれない仕事?



エネルギー事業や銀行を牛耳る大企業?





国家支配権力?





社会構造や社会システム?




マスメディア?





イルミナティ?



それとも
死を迎えることの恐怖や不安でしょうか?





色々な回答が当てはまると思いますが


どれも根本的な答えではないと思うのです


つづく





【ブレイブハート BRAVEHEART】動画
http://www.youtube.com/watch?v=Ifr4aGA2o_A&feature=player_embedded#at=36

最後のクライマックスでウォレスが残虐な拷問を受けて死ぬことを悲しみ

愛する人からせめての想いと痛みどめの薬を渡される

想いに答え飲むふりをするが後から全て吐き出す

痛みを麻痺させようとしない心には

支配権力に決して屈しない強い意志と決断そのもの・・

多くの民衆の前で見世物のように拷問される場で

「自分の魂は自由だ!!FREEDOM!!」の叫びの振動は

今でも多くの先人たちの魂深くに響き受け継がれていることと思います

国境を越え 民族を越え 目覚めてほしい


【ブレイブハート BRAVEHEART クライマックス】動画
http://www.youtube.com/watch?v=rjVxzVNKnFg&feature=player_embedded





posted by kenmiura at 00:25| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本復興 歴史 教育  政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

いま真剣に考えるべきこと@


今回は今の原発問題を通して感じる危機意識と今まで私たち人間が歩んできた歴史とつなげて表現したい思いに至りました

観点が固定された部分的解析ではなく、広い視野からの人類歴史を学ぶ事は生きる上で、そして未来を創っていこうとする上で、とても重要な要素であると思います。

※内容も分けてアップしようと思います



5月に入っても今だ原発の収束計画が明らかになっていない現状に憤りを感じながらも現実のするべきこと(生活の為の日々の仕事)に追われ、多くの方々はメディアの部分的な曖昧情報で一喜一憂したりしながらも、マンネリ化し、問題意識、危機意識が日ごと薄れてきているのではないでしょうか
私自身そうならないよう意識しています。

チェルノブイリ事故では石棺をつかい11日間で放射性物質の拡散を停止させています。
当時は人体に対しての影響に情報隠蔽がかなりされたようですが、日本政府も良いところは参考にしながら、真剣に国民と日本の将来のことを想うプランを選択するべき時と思います。



「将来、私たちは子供がきちんと生めるのか?」

「もっと早く非難指示をしてほしかった!!」


被災地の女子高生が東電役員や政府に対して声を大にして言った言葉です

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
見通し立たぬ避難に怒り充満  福島原発被災民      http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/mitoositatanuhinannniikarijuumanhukusimagenpatuhisaimin.html

〜~〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


いま世界では432基の原子力発電所が稼動しています

日本の原発は54基、計画中、建設中含めると72基でアメリカについで世界2位です

【世界各国の原発の数】 http://www.kyuden.co.jp/energy_nuclear_world_count.html


今のエネルギー消費量を代替エネルギーで賄うことが現状、困難なのは事実かもしれません

しかし代替エネルギーの研究開発や放射線に対する研究開発などに国からの投資がなされにくい実情もあります、そもそもリスク回避として放射能汚染を最小限に解決できるテクノロジーの研究開発ができ安心して活用できるレベルまできちんと計画を立て国民に対して具体的に提言していくべきと思います。


では何故リスクが高いままで維持しようとするのか 



石棺の工事や維持・管理費などのコストの問題や代替エネルギーでは今の国民の生活の電気供給を賄えないなどの大儀名分をかざしますが、事実は国内外含め国や地域組織・個人の原発利権に絡む要素が大きいのです。
政治家、官僚、電力会社役員、各メディアの役員達などの既得権益やしがらみ、過去の汚職や不名誉の暴露に対する不安などが原発推進を維持しようとする原動力となっています。



更に深めれば既得権益に執着する個人だけの問題ではなく、人間という存在が手にしているものを手放せない心理的要因が非常に大きいのです。(執着、我欲)

過去に築いてきたもの(地位・名誉・物)を大事にしたい気持ちや想いは充分に分かります


しかし
私達人間は、死んでお墓に持っていけるものなど何もありません


子孫たちにどんな文化や社会(学校教育、社会システムや社会秩序・・)や自然環境を残していくのか

いま私達が子孫たちに引き継ぐ文化や社会、自然環境は本当に豊かですか?

モノが溢れ、一見便利になり豊かになっても満たされない心、孤独感が癒せない個人の増加、とどまることない自殺・鬱の増加


なぜこうなのでしょう?


もう枝葉を観察するだけではなく、本気で根本原因は考えてみるときだと思うのです


人間関係の構築の難しさによる結婚に対する不安や雇用不安により少子高齢化現象も増加しています

解決が困難と思える本質的な問題提起となってきましたが

自然を開発開拓し、農業社会から産業社会、IT革命による情報社会、

情報過多による精神的混乱・・・


これまで科学技術を通して自然を変化させて進化発展をしてきた人間の文明社会は



もう人間自身が変化するしかない極みまできています


では人間の何がどのように変化することが必要なのでしょうか?


                          つづく

                          

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

誰が悪いとかの感情論に走るのではなく、もっと本質的な根本原因にフォーカスを向けれたらと思いながら参考動画としてアップします。


【4年前の日本(私たちの)の現実】
  
「格納容器は壊れないしプルトニウムは飲んでも大丈夫」
原発推進派→大橋弘忠氏(東京大学)
http://www.youtube.com/watch?v=VNYfVlrkWPc




【日本再生のグランドビジョン 2017】 
原発汚染を解決する鍵と日本の方向性を明確に示した内容です
旧い原子モデルから新しい原子モデルへ
http://noh-jesu.com/work/GV2017.pdf

posted by kenmiura at 21:57| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 復興 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。