2011年06月04日

『信頼』について

みなさまは『信頼』についてどう捉えていらっしゃいますか?
私が最近思ってきたことを本日は表現させていただきたいと思います


よくある『信頼づくり』のイメージ

■たくさん会ってお話すること
■おなじ趣味をもつこと
■同じビジョンを持つこと

他にもあると思いますが、大枠ではこんな感じでしょうか?


たとえば


あなたが今日、事故で両足を切断してしまいます


今までの仕事はもうできません


どの位の人が変わらない想いであなたに協力してくれますか?
経済的な支えや生きる希望を得るためのアイデアやエネルギーなどの労力や行動をしてくれるでしょうか?


条件が変わって変化してしまうことは『本当の信頼』でしょうか?


更に深めれば
自身の判断基準と同じ意見であれば信頼できて
違う意見や思い方であれば信頼できない・・・


この繰り返しが人間のパターンではないでしょうか


共感し合えるコミュニケーションをたくさんすることは『信頼づくり』にはかかせない事と思います

しかし日本人によくあるパターンで、第3者の事を当人がいないときに話題にして盛り上がることってよくありませんか??
これが悪いとかではないですが、当人にいつになったら話すのだろう?と思うこともあります。
これが習慣化すれば、陰口や建前コミュニケーションが当たり前になってしまいます。


『真実』≠『事実』≠『現実』≠『思い込み』


これらの違いを分かり、思ったこと感じたことを当人にしっかり伝達できるコミュニケーション能力が時代が求める人間力と思います。


建前コミュニケーションで得る信頼レベルでは
『見せかけの和』であるため、世界中が日本人の精神性に注目しつつありますが、『和の精神』のルーツや根拠を明確に理解納得できる教育の体系化・コンテンツ化が成されていません
この人間力教育のコンテンツが明確に西洋の学術をも統合して整理できるものであれば今の日本の危機をチャンスに変えていくことが可能になります。


多くの人たちと揺るぎない信頼を築ける為に必要な要素とは一体なんでしょうか?


産業社会、情報社会、金融経済と発展してきましたが、格差を生み出すシステムサイクルを脱皮できない現状は否めません


3.11以降、原発汚染イメージがついた日本の輸出産業は終息も予測され、世界的に見ても、もう変化するべきものは『人間自身の変化』しかないのは明らかです。

これは『人間機能のイノベーション』の事でもあります


脳科学により脳機能を理解するだけでは人間機能の限界を理解することには役立ちますがモチベーション3.0(ALL-WIN型/人間と自然・科学技術の融合)を得るには知識と技術が足りません。


※モチベーション1.0 生存活動の為(生活レベルの向上・農業革命)
 モチベーション2.0 インセンティブの為(科学・工業・商業社会/産業革命・win-lose型)


『信頼』のイメージが変わる時代が来ています




おまけ
『旭山動物園』

立ちすくむ皇帝ペンギンたち・・                                   

IMG_9677.jpg


            













飛んでいるように見えるペンギン!すごい

IMG_2418.jpg























馬鹿です
IMG_6812.jpg

posted by kenmiura at 17:51| 北海道 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材教育サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

〜最新のニュース〜絶望=希望/限界=チャンス

【最新ニュースで思ったこと】


■原発1号機 燃料の大半「溶融」
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1598716&media_id=2

■1号機は「メルトダウン」…底部の穴から漏水 (読売新聞 - 05月12日 22:55)
http://mixi.at/a8geTYp

シンプルな解析だけで理解しても超高温の物質を水で冷却すれば水蒸発で圧力がかかること(永続的に)、大気か海水に放出しなければならないことはイメージができます。

コンクリートで石棺処理が一番早いし安全なのは明確、けど実践できない理由はひとつ「まだ利用したいから」

戦後アメリカに追従してきた政策、政治家、学者、マスコミ(政・官・財が一体となった)原発推進キャンペーンも事実が日々、浮き彫りになっています。

今までの経済発展モルの終焉を期待するなら、自然回帰論だけでなく自然と科学技術と人間がall-win共存できる社会に向けた新しい代案・ビジョンが急速に求められています。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

■女性にガッカリされるケータイの待受画面9パターン
http://mixi.at/a8gTD9I

■彼女に「細かい男」だと思われる行動8パターン
http://www.sugoren.com/report/post_763.php

細かさの方向性が残念に思います
表面や形だけでなく、自他の心の状態に対してシャープで細かな観察センスが必要と思います

このままだと笑い事ではなく、日本文化の存在の危機感を本気で感じます

エネルギーを発散する方向性、フォーカスの視点・パターンの変化が必要ではないだろうか
日本人は本来、和の魂と侍のDNAを持っているので、潔く,悔いなき生き方をしたいはず。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

■大前研一氏 会食した他人事な工場被災の経営者に違和感覚える
http://mixi.at/a8haTqN

個人も組織も目先だけでなく、過去の歴史と未来の方向性までの広い視野で全体像をみることが必要な時代に突入しています。

今ある事業、職業が5年後、10年後にも存在しているとは限りません





上記はそれぞれバラバラの問題ですが共通する3点



1、全部が人間(細かく分ければ、わたしたち日本人)がつくってきた問題であること。


2、観点(根本の判断基準)が固定されているから変化が困難、そもそも変化の必要性まで感じれなく麻痺させている状態。


3、問題山積み過ぎて未来に希望を感じれない、人間自体に尊厳性、希望を感じられない。


多種多様な問題を一貫性をもって原因を理解でき、解決までできるビジョンやツールは存在するのか?

【結論】
事実を細かくみて表現すれば
人と人が出会っているように感じますが、実は「思い方」と「思い方」、更に深めれば
「判断基準」と「判断基準」が出会っているといえます。

判断基準からくる、それぞれの解析・思い方を人は体験経験しているのです

判断基準が変われれば幸せも成功も安心もすべてが意のまま☆
逆もしかりです。



「観術」を通した新知識技術、新未来産業、グランドビジョン2017で可能です。


【政府が提言案を採用「Grand Vision 2017」】

http://ameblo.jp/japan-mission/「NohJesuの原子模型」
友人のblog記事抜粋

民主党の鳩山由紀夫前首相らは6日、福島第1原発事故収束に向け、技術的な発想やアイデアを公募するウェブサイト「Bチーム」を立ち上げた。現行の水冷却に代わる収束策をまとめ、政府の福島原発事故対策統合連絡本部(本部長・菅直人首相)に提案したい考えだ。


【Bチーム 技術データの公表ページ 2011/05/10 公表分】
http://www.daiichi-b.jp/jyohokokai/jyoho110510.htm


【21年プロジェクト「Grand Vision 2017」】
http://noh-jesu.com/work/GV2017.pdf
 
posted by kenmiura at 00:42| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 復興 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

いま真剣に考えるべきことC

聞けば当たり前のように理解できてしまう故に


「判断基準」の意味や価値は本当にとても気づきにくいものです

頭で分かるレベルはただの知識です
(ここには特に陥りやすいです。わたしも随分やりました^^;)

知識で知っていることと日常生活(人間関係)で応用活用できることは実は次元が違います。

以前の記事でご紹介しましたが

「教養とは、人の心が分かることである」(養老孟司さんの言葉)
http://ameblo.jp/kenb-hitotsu/entry-10840362858.html

単なる暗記知識は教養ではありません


実際に相手の心に共感できるセンス、本質的に大事なものを優先的に行動する感覚というのでしょうか、
これは本当に男性は女性にかなわないと思います。


私も例外ではなく「判断基準」に対してとても甘く見ていたときがありました。

知識で理解できたレベルで自分は活用できていると錯覚していたのです。
(ですから私には判断基準ネタがたくさんあります^^)


私が20代後半のときに医療ケア系の店舗でリーダー的立場をしていたことがありました。

自分のやり方、方法論をスタッフに押し付け、できない人を責め続けていた経験があります。(相手だけが悪いという規定をして)

結局、会社のためにと頑張れば頑張るほど、スタッフたちとの距離が生まれ孤独、孤立していく経験を味わいました。

そんな私が判断基準の価値の重さに気付いて思うこと


人の判断基準は

「自分が自分をどう理解しているか」

「自分が他人をどう理解しているか」

「自分が宇宙をどう理解しているか」

によって大きく変わってきます



判断基準を変化させるために必要な条件が二つあります


それは

@いま自分の判断基準を知ること(現在地)

A究極の判断基準を知ること
(自分や他人の判断基準に支配されない器=目的地・ゴール)

※地図を見るとき必ず現在地と目的地の確認が必要ですよね



【これまでの学問、宗教、成功哲学、自己啓発の限界】


自分の判断基準を客観的に分からないままで、誰かの判断基準

を真似して幸せや自己変化をしようとしてきました。

もちろん真似ることも効果はありますが

本質的な変化には直接的に繋がりません

人間関係においては
相手の心を観るセンスが必要ですから、自己管理、タイムマネージメント能力とは異なるセンスが必要です。

根本の判断基準が変わっていないままでやり方や思い方だけを変えることは矛盾や葛藤が必ず生じます。

その結果、
多くの人は「やっぱりまた出来なかった」「変わっていないかも・・」と挫折、諦め、自己否定、他社否定などを蓄積することが多くなります。

なぜなら判断基準から自由になるのではなく、判断基準をより強固にしていくので苦しくなるのです。


【結論】
判断基準の変化に必要なものは「よい判断基準のモデル探し」ではなく、

全ての判断をなくすことが自在にできる「悟り(差を取ること)」

を得ることです。


判断がなくなることの意味は選択能力がなくなることではなく

全ての存在に対してありのままの価値を観ることができることです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【札幌セミナー情報】

観術体験イベント   5/14(土)14:00〜16:30 無料 

観術1DAYセミナー  5/15(日)10:00〜17:00 ¥5000(モニター価格) 

Noh Jesu  21世紀悟り 「観術セミナー」   5/29(日)9:30〜17:00    

NR JAPAN 札幌  
※全国スケジュールはHPを参照ください
http://www.nr-japan.co.jp/tabid/69/Default.aspx

申込み問合せ 080‐4500‐1789 三浦 
メッセージでも可



posted by kenmiura at 08:05| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本復興 歴史 教育  政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。