2011年03月16日

ノ・ジェス&オノヨーコ 日本へのメッセージ

5710606.jpg


日本人から見たら前衛的で異質な存在でありながらも日本の強さとウィークポイントを含め日本を深く愛する二人のメッセージをご紹介します



●1960年代に世界のジョンレノンの心を惹きつけたアジア人女性、宇宙を包み込む様な深い感性で和の精神と愛・自由のシンボル的存在であるオノヨーコ氏



【災害関連】オノ・ヨーコから、日本に向けたメッセージ



「アンディ・ウォーホールが日本を訪問した後で『日本は未来の国だ。すごい!』と、言っていました。そのときに私は『だけれど、たくさん古い傷があるのよ』と思いました。今、この地震のために未来の国になる運命になったと思います。日本はみんなの力で今までよりも素晴らしい国になる運命なんだと思います。




http://www.barks.jp/news/?id=1000068326
 (全文)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




●1995年に来日、日本に初めて来たときに町並みの美しさ、人の礼儀正しさや謙虚さに触れ「日本は悟った人達が創った国だ!」と本気で感じたと言う韓国人のノジェス氏、96年にFinalAnswerを発見。その答えと繋がった日本の価値を彼は15年間、命がけで語り続けている。





【コラム】日本のアイデンティティ



明治維新を成し遂げた日本の侍の魂は、世界中を見渡しても他に例がないほどの奥深さと配慮のあるコミュニケーション文化を醸成させているのです。日本の皆様からすれば当たり前のように思えることのひとつひとつが、どれほど感動で、もの凄く価値あるものなのか。悟った観点からみれば、日本こそ今の時代の為に準備されてきた文明だと感じざるを得ないのです。



http://www.noh-jesu.com/column/archives/205
(全文)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

■自身が感じたこと


自らの価値とは周りの人によって気付かされるものであり、自らは気づきにくいものです


特に日本は謙遜を美徳とする風土があるから余計にそうなのだと思います


今、世界最大の震災により多くのものを失っている日本


そんな中でもいま日本人が得ているものがあると思います


それは人が生きるうえでどんな物よりも尊いもの


「日本人の自尊心」そして「人間の尊厳性の回復」

ではないでしょうか 


人類の多くの歴史の傷を癒すことができる、未来に希望あふれるそんな新しい日本をつくりましょう!!  
 

posted by kenmiura at 01:03| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

日本の底力

〜震災から1日も早い平穏へ 祈りを込めて〜



本来、存在とは自分以外の存在の為に存在しています

これを無我の境地とも言われています
(よく人がそのように成ることは一番困難であるとも言われています)  



日本人の文化に布団を毎朝畳む習慣があります

毎日寝るときに使うのに毎日片付けることは海外の人には理解ができないことでもあるようです

この習慣は
昔から震災が多かった日本という島に自然に身についた精神でもあるようです

それは

いつ死んでもいいように常に準備をして日々を生きる心らしいです

この精神は武士道の「死ぬことと見つけたり」と繋がりますが

これは侍達だけではなく農民達ももっていた精神でした


本当は

いつ死んでも悔いの無い生き方をしたいのが日本人なのです


和を尊ぶ日本人の大和の心こそが日本の底力です


〜それを立証する世界からの声〜
 

中国で2万回以上のリツイートを集めたつぶやき。
http://kinbricksnow.com/archives/51686998.html
●(地震の後、)数百人が広場に避難したが、その間、誰一人としてタバコを吸わなかった。かけつけてきた人間が毛布やお湯、ビスケットを配っている。男性はみな女性を助け、ビルまで戻っては物をとってきてあげている。3時間後、避難していた人は解散した。恐ろしいことに地面にはゴミ一つ落ちていない。



ビルの中で足止めされた通勤客が階段で、通行の妨げにならないよう両脇に座り、中央に通路を確保している写真が11日夜、投稿され、
「(こうしたマナーの良さは)教育の結果。(日中の順位が逆転した)国内総生産(GDP)の規模だけで得られるものではない」との説明が付いた、そうです。
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/03/12/kiji/K20110312000414700.html

これだけの大地震に見舞われながら、混乱なく、秩序を守って活動していることに驚いた人が多かったようです。


●「物が散乱しているスーパーで、落ちているものを律儀に拾い、そして列に黙って並んでお金を払って買い物をする。運転再開した電車で混んでるのに妊婦に席を譲るお年寄り。この光景を見て外国人は絶句したようだ。本当だろう、この話。すごいよ日本。」



【BBCニュースで今回の地震にロンドン大の地質学と心理学の教授の言葉】

地球最悪の地震が世界で一番準備され訓練された国を襲った。
その力や政府が試される。
犠牲は出たが他の国ではこんなに正しい行動はとれないだろう。
日本人は文化的に感情を抑制する力がある。
広島の原爆でも、日本人は丁寧な言葉遣いで助けを求めたと言う話がある。とか。
(@m_momoseさんのツイートも引用してます)




 
目覚めよ、日本!
posted by kenmiura at 07:07| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

本間奈々氏のトークを聞いて

IMG_6737.jpgIMG_6125.jpg








札幌は昨日からまた雪が積もりました

昨日の朝活、経営者モーニングセミナーのご報告です☆
※写真:いつも美味しいコーヒーセットは300円です☆



昨日の日中に珍しく頭痛がひどくて、今朝の4時半起きは止めておこうかと悩みましたが知人が始めて会に来てくれることと4月の札幌市長選に立候補予定の本間奈々さん(41歳)が講師ということもあり頑張って朝起きしました^^;

本間奈々さん Blog
http://nanahomma.blog16.jp/index.php



今朝も駐車場の誘導のお役目をさせて頂きました!やっぱり朝、外で動くのは気持ちがいいです☆(手袋と耳あてが必須です^^;)

三寒四温(さんかんしおん)と行って春先には三日間寒い日の後に4日間暖かい日が続くというサイクルを4回繰り返して春がやってくるリズムがあるそうです。自然のメカニズムと人の身体も似ているかもしれませんね
(ということは3月中は毎週木曜の朝は雪ですか?!苦笑)


IMG_5767.jpg今朝のお話はとても学びになりました
その中でポイントだけお伝えします
札幌の人口は現在190万人(北海道の人口が約500万人ですから3人に1人以上が札幌市民って凄いですよね!面積比から言ったら)

全国政令指定都市(人口50万以上の市)で、横浜、大阪、名古屋についで4位の札幌市。
国から支給される地方交付税が一番多いのが札幌市との事(約1000億円)
借金は約2兆円(日本は900兆円)

本間奈々さん曰く、日本を家族のイメージにすると札幌市は自立できていない大学生の子供のような状態らしいです。(身体が大きいお金がかかる子供?)

更に珍しいのは
普通の市であれば市民から消費税と所得税を頂いて財政がプラスになるのですが、札幌市は所得税を市民から頂くとマイナスになってしまうという摩訶不思議な現象がおこっているそうです。


細かい要因は、よく理解できませんでしたが結論は所得が低いこと(=地場産業が無いこと)のようです。(もう日本自体がその傾向にありますが)
だから課題は所得を増やすこと(=雇用を増やすこと)

この課題を解決する為には産業の活性化、製造業の活性化と言われているそうですが、本間さんの見解では製造業はもう人件費が安い中国やアジア諸国に移行していくのが明らかなので札幌は 「知識集約型産業」による人づくり!が必要と仰ってました。

医療、介護、福祉、子育てに力を入れ人づくりと地域活性化、少子高齢化の時代を乗り越えていく為にはやはり「人づくり」です☆

何をコンテンツにして、どんなコンセプトで
どのようにして教育産業を活性化していくのか?
がキーワードと思います☆

そのロードマップとグランドビジョンがあれば札幌だけでなく
日本が生き返れるかも知れません

最後に本間さんと「人づくり産業を共に創っていきましょう!」
とご挨拶を致しました☆
posted by kenmiura at 13:22| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。