2011年06月04日

『信頼』について

みなさまは『信頼』についてどう捉えていらっしゃいますか?
私が最近思ってきたことを本日は表現させていただきたいと思います


よくある『信頼づくり』のイメージ

■たくさん会ってお話すること
■おなじ趣味をもつこと
■同じビジョンを持つこと

他にもあると思いますが、大枠ではこんな感じでしょうか?


たとえば


あなたが今日、事故で両足を切断してしまいます


今までの仕事はもうできません


どの位の人が変わらない想いであなたに協力してくれますか?
経済的な支えや生きる希望を得るためのアイデアやエネルギーなどの労力や行動をしてくれるでしょうか?


条件が変わって変化してしまうことは『本当の信頼』でしょうか?


更に深めれば
自身の判断基準と同じ意見であれば信頼できて
違う意見や思い方であれば信頼できない・・・


この繰り返しが人間のパターンではないでしょうか


共感し合えるコミュニケーションをたくさんすることは『信頼づくり』にはかかせない事と思います

しかし日本人によくあるパターンで、第3者の事を当人がいないときに話題にして盛り上がることってよくありませんか??
これが悪いとかではないですが、当人にいつになったら話すのだろう?と思うこともあります。
これが習慣化すれば、陰口や建前コミュニケーションが当たり前になってしまいます。


『真実』≠『事実』≠『現実』≠『思い込み』


これらの違いを分かり、思ったこと感じたことを当人にしっかり伝達できるコミュニケーション能力が時代が求める人間力と思います。


建前コミュニケーションで得る信頼レベルでは
『見せかけの和』であるため、世界中が日本人の精神性に注目しつつありますが、『和の精神』のルーツや根拠を明確に理解納得できる教育の体系化・コンテンツ化が成されていません
この人間力教育のコンテンツが明確に西洋の学術をも統合して整理できるものであれば今の日本の危機をチャンスに変えていくことが可能になります。


多くの人たちと揺るぎない信頼を築ける為に必要な要素とは一体なんでしょうか?


産業社会、情報社会、金融経済と発展してきましたが、格差を生み出すシステムサイクルを脱皮できない現状は否めません


3.11以降、原発汚染イメージがついた日本の輸出産業は終息も予測され、世界的に見ても、もう変化するべきものは『人間自身の変化』しかないのは明らかです。

これは『人間機能のイノベーション』の事でもあります


脳科学により脳機能を理解するだけでは人間機能の限界を理解することには役立ちますがモチベーション3.0(ALL-WIN型/人間と自然・科学技術の融合)を得るには知識と技術が足りません。


※モチベーション1.0 生存活動の為(生活レベルの向上・農業革命)
 モチベーション2.0 インセンティブの為(科学・工業・商業社会/産業革命・win-lose型)


『信頼』のイメージが変わる時代が来ています




おまけ
『旭山動物園』

立ちすくむ皇帝ペンギンたち・・                                   

IMG_9677.jpg


            













飛んでいるように見えるペンギン!すごい

IMG_2418.jpg























馬鹿です
IMG_6812.jpg

posted by kenmiura at 17:51| 北海道 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材教育サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。