2011年05月14日

〜最新のニュース〜絶望=希望/限界=チャンス

【最新ニュースで思ったこと】


■原発1号機 燃料の大半「溶融」
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1598716&media_id=2

■1号機は「メルトダウン」…底部の穴から漏水 (読売新聞 - 05月12日 22:55)
http://mixi.at/a8geTYp

シンプルな解析だけで理解しても超高温の物質を水で冷却すれば水蒸発で圧力がかかること(永続的に)、大気か海水に放出しなければならないことはイメージができます。

コンクリートで石棺処理が一番早いし安全なのは明確、けど実践できない理由はひとつ「まだ利用したいから」

戦後アメリカに追従してきた政策、政治家、学者、マスコミ(政・官・財が一体となった)原発推進キャンペーンも事実が日々、浮き彫りになっています。

今までの経済発展モルの終焉を期待するなら、自然回帰論だけでなく自然と科学技術と人間がall-win共存できる社会に向けた新しい代案・ビジョンが急速に求められています。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

■女性にガッカリされるケータイの待受画面9パターン
http://mixi.at/a8gTD9I

■彼女に「細かい男」だと思われる行動8パターン
http://www.sugoren.com/report/post_763.php

細かさの方向性が残念に思います
表面や形だけでなく、自他の心の状態に対してシャープで細かな観察センスが必要と思います

このままだと笑い事ではなく、日本文化の存在の危機感を本気で感じます

エネルギーを発散する方向性、フォーカスの視点・パターンの変化が必要ではないだろうか
日本人は本来、和の魂と侍のDNAを持っているので、潔く,悔いなき生き方をしたいはず。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

■大前研一氏 会食した他人事な工場被災の経営者に違和感覚える
http://mixi.at/a8haTqN

個人も組織も目先だけでなく、過去の歴史と未来の方向性までの広い視野で全体像をみることが必要な時代に突入しています。

今ある事業、職業が5年後、10年後にも存在しているとは限りません





上記はそれぞれバラバラの問題ですが共通する3点



1、全部が人間(細かく分ければ、わたしたち日本人)がつくってきた問題であること。


2、観点(根本の判断基準)が固定されているから変化が困難、そもそも変化の必要性まで感じれなく麻痺させている状態。


3、問題山積み過ぎて未来に希望を感じれない、人間自体に尊厳性、希望を感じられない。


多種多様な問題を一貫性をもって原因を理解でき、解決までできるビジョンやツールは存在するのか?

【結論】
事実を細かくみて表現すれば
人と人が出会っているように感じますが、実は「思い方」と「思い方」、更に深めれば
「判断基準」と「判断基準」が出会っているといえます。

判断基準からくる、それぞれの解析・思い方を人は体験経験しているのです

判断基準が変われれば幸せも成功も安心もすべてが意のまま☆
逆もしかりです。



「観術」を通した新知識技術、新未来産業、グランドビジョン2017で可能です。


【政府が提言案を採用「Grand Vision 2017」】

http://ameblo.jp/japan-mission/「NohJesuの原子模型」
友人のblog記事抜粋

民主党の鳩山由紀夫前首相らは6日、福島第1原発事故収束に向け、技術的な発想やアイデアを公募するウェブサイト「Bチーム」を立ち上げた。現行の水冷却に代わる収束策をまとめ、政府の福島原発事故対策統合連絡本部(本部長・菅直人首相)に提案したい考えだ。


【Bチーム 技術データの公表ページ 2011/05/10 公表分】
http://www.daiichi-b.jp/jyohokokai/jyoho110510.htm


【21年プロジェクト「Grand Vision 2017」】
http://noh-jesu.com/work/GV2017.pdf
 
posted by kenmiura at 00:42| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 復興 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。