2011年04月24日

「見せかけの和」と「ぬるま湯気質」


会社の友人(SUKIMAさん)が明日、被災地から戻ってきます
会社や同僚たちの許可をとり、1週間、被災地への復興支援活動を支社を代表して行って下さりました。
寒い日が続いているので、最後まで無事に活動できることを祈っています




被災地の方々の苦労は日ごと増している現実があるそうです

簡易的ですが自分なりに整理してみました


■現状:物資が現場まで届かない

■原因と解決案
→マニュアルに縛られた行動しかできないお役所行動を打破できない、被災地においては明らかに有事であるので、過去のマニュアル規則に依存せず、現場の住民を第一優先する政策とリーダーシップを国として指示するべき。


■現状:被災地内の瓦礫処理なども人員が足りず追いつかない

■原因と解決案
→ボランティアだけでは人員は限界です。
災害臨時雇用案として、給与や保険制度などしっかりさせて雇用形態をつくり全国から募集する。その間、民間企業側も復興活動に専念したい意志のあるものは休職扱いできるよう政府が企業に呼びかける。


■現状:原発収束も中長期プランに移行され、また原発の根本的問題自体が曖昧な雰囲気になってきている

■原因と解決策
→原発に対する(放射線、原子核、量子など)知識不足とエネルギー供給の代替案の欠落。
したがって今後のビジョンや方向性も見えない為、とりあえず過去と同じ方法へ戻そうとする代案しか生まれない。
原子力を活用するならば安全に活用できる根拠あるプラン政策を提示する。新しい知識技術や論理イメージ、アイデアを取り入れて研究開発に投資する。代替エネルギーと融合できるビジョンと安全性を世界に提示していくこと。





被災地以外の土地で普通に暮らしていると
震災も原発問題もなんとなく解決しているように錯覚していませんか?
(お上にお任せ主義、私もそうでした)


しかし、現実はこれからが更に大変です

これまでは外国人にプラスに評価された日本人の民族性


日本人の和の精神が「本質的な大和」に目覚めるか


ただ周りに合わせる習慣による受動的で諦めモード、根拠が希薄な何とかなる病、自分の判断基準に


固定された建前我慢を繰り返して

「見せかけの和」が臨界点に達し爆発するか



多くの日本人が目先だけを見ているだけでは、結果的に日本を出て外国に住むことや日本列島の北と南に住居を移動するレベルでとどまり、内需産業、人間関係の問題が深刻化していくことが予測されます。


■友人のブログより
http://ameblo.jp/japan-mission/entry-10868594095.html
「放射能汚染大国ニッポン」ブランドを1年間PRし続ければ、日本に対するイメージは固定され誰も「日本産」を買わなくなるだろう。


物商品の価値が下がるなら、人の価値が上がらないとほんとに日本は終わってしまう・・・



■グランドビジョン2017 この代案しかないと思える
http://www.noh-jesu.com/work/GV2017.pdf
とくに原子力研究機関の方々や心ある政治家の方々へ早急に目を通して頂きたい内容です




posted by kenmiura at 19:06| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 復興 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/197553073
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。